TANOSeY研究所のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Gウォーカーのしくみについて

<<   作成日時 : 2013/10/31 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日特許出願していた運動用具や手軽な移動手段として利用できるGウォーカーの出願番号の通知(出願番号2013-221579)が届きましたのでそのGウォーカーの仕組みについて公開します。

百聞は一見にしかずですので先ず試作品の写真をご覧ください。
画像

風変わりなローラースケートのように見えますが湾曲した底板の部分が実は板バネでできていて人が体重を乗せると平らに延びるようになっているのですが、それだけでは前に進むことはできませんので後輪部分に後ろに下がらないようにするためのラチェットという歯車が取り付けてあり、そのラチェットが壁の役目をするので板バネが後方には延びることが出来ずその反動で前に進む力が発生するという仕組みです。ですから左右交互に体重移動するだけで前に進めるわけです。

これを分かりやすく説明したのが下の図です。
画像

             (写真をクリックすると拡大できます。)

仕組みが非常に簡単なので省エネの手軽な移動手段として普及することを期待しています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

にほんブログ村
Gウォーカーのしくみについて TANOSeY研究所のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる